menu
  1. auひかりとauスマートバリューを使いこなそう!
  2. キャッシュバックの無い光回線の契約はNG!
閉じる

光コラボレーションの提供元はフレッツ光のNTT

光コラボレーションで利用する光回線は、フレッツ光を提供しているNTTのものです。
NTTが回線を持つというのは、電話回線だけだった時代は当然のことでしたが、電話回線と異なり、インターネットの光回線は他の事業者も敷設することができます。
現実に、いくつもの民間会社が光回線を独自に敷設しています。
光回線を持つ会社は、何社もある状態です。

ただ、全国規模で光回線を広範囲に敷設しているのは、NTTです。
NTTの敷設した光回線を使ったフレッツ光の利用者は、光回線利用者の3分の2ほどとなっています。
圧倒的なシェアです。
NTTの前身は、電話回線を独占していた旧電電公社であり、資本力があるため、こうした結果になっている面があります。
光回線を引くというインフラ整備には、かなりの初期投資が必要となります。
光回線を大都市だけでなく、全国規模で引けるのはNTTだったということでしょう。

NTTの光回線だけが引かれている地域というのも多く、そうした地域ではフレッツ光以外に選択肢がありません。
消費者に選択肢がない状態だと、価格低下やサービス向上はなかなか進まなくなります。
これからの情報化社会にグローバルに対応していくためには、全国津々浦々で高速インターネットが手軽に使える状況になることが望まれます。
高速インターネット利用料金の低下は急務です。
そのため、NTTが全国規模で持つ光回線を、NTT独占とするのではなく、他の事業者も利用して消費者に販売できるようにしました。
それが、光コラボレーションです。

光コラボレーションは、NTTが自社の光回線を他社に卸売りし、他社が独自のプランを設定して消費者に提供するものです。
光コラボレーションでは光回線の提供元はNTTですから、フレッツ光と同じ状態で高速インターネットを使うことができます。
フレッツ光よりも光コラボレーションのほうが低料金で、キャッシュバックなどのサービス内容も良いことが多いため、回線の状態が同じなら、光コラボレーションのほうを利用したいという消費者が増えています。
フレッツ光から光コラボレーションに変更するのが、転用です。

回線の提供元のNTTは、転用者に便宜を図っているため、転用は比較的容易にできます。
転用の際には、基本的に工事費用は不要です。
モデムもそのまま使えることが多いです。
ただ、転用した後にフレッツ光に戻す場合は、違約金がかかるのが一般的ですので、快適に使えるかどうかよく吟味してから転用することが望まれます。

関連記事

  1. 利用可能エリアは狭いけど世界一速い光回線!NURO光

  2. auひかりとauスマートバリューを使いこなそう!

  3. キャッシュバックの無い光回線の契約はNG!

おすすめ記事

  1. キャッシュバックの無い光回線の契約はNG!
  2. auひかりとauスマートバリューを使いこなそう!

ピックアップ記事

  1. NURO光は個人向けでは、世界一速い光回線です。国内他社の高速インターネットサービスは下り最大1G…
  2. 光コラボレーションで利用する光回線は、フレッツ光を提供しているNTTのものです。NTTが回線を持つ…
  3. 「光回線」はなんとなく聞きなじみがありますね。では、「光コラボレーション」はどうでしょう。今…
ページ上部へ戻る